お役立ちコンテンツ

賃貸のタウンハウジング > 住みやすさにまつわる話 > 板橋区 > 板橋区の子育て事情

板橋区の子育て事情

板橋区の子育て事情板橋区の子育て支援の特徴として、初めて出産や子育てをすることになった方たちのために、育児講座などを数多く設けていること、リフレッシュサービスを提供していることなどが挙げられます。特に、子育て支援策の一つの「すくすくカード事業」は大変珍しいサービスです。また、板橋区ホームページの子ども・子育て・教育コーナーは大変充実しており、分かりやすく様々な情報を掲載しています。
そんな板橋区の子育て支援制度を見てみましょう。

※本データは、2014年5月30日現在のものです。詳しくは板橋区役所までお問い合わせください。

妊婦さんのための育児手当

妊娠後、妊婦健康診査受診票14回、妊婦超音波検査受診票1回分を助成されます。また里帰り出産等のために、区で交付した妊婦健康診査受診票を使用できなかった場合も、妊婦健康診査費用の一部が助成されます。

妊娠検査/超音波検査 里帰り出産 その他の支援
妊婦健診 14回
超音波診査 1回
還付申請が可能 詳しくは板橋区ホームページをご覧ください。

出産後のご家族のための子育て手当

板橋区には、子育てを支援する制度として児童手当、児童育成手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当の4つの手当があります。
児童手当は、中学校3年生までの児童1人につき年代・条件に応じた支給額が支給されます。
手当額は、出生~3歳誕生月まで15,000円、3歳誕生月の翌月~小学校修了まで10,000円、中学生(15歳になった最初の3月まで)10,000円が支給されます。また、平成24年中の申請者所得額が所得制限限度額以上である場合は一律5,000円支給となります。
その他児童育成手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当は受給にいくつかの条件がありますので、板橋区のホームページをご確認ください。

子どもの医療費手当

板橋区の子どもの医療費手当には、保険診療の範囲内で、本来自己負担する医療費を助成する子どもの医療費助成、ひとり親家庭等の子どもに、健康保険給付の自己負担分のうち一部負担金を除いて助成するひとり親家庭等医療費助成があります。
その他にも、子どもが慢性疾患にかかった場合は医療費助成が受けられ、骨関節結核その他の結核にかかり、医師が入院を必要と認めた場合は、その医療費の一部または全部が免除になります。その他、自立支援医療(育成医療)、結核児童療育給付、吸器系疾患医療費の助成もあります。詳しくは板橋区のホームページをご確認ください。

板橋区独自の子育て支援

板橋区のユニークな子育て支援策として、「すくすくカード事業」があります。この事業は保護者の育児不安・負担の軽減を図るとともに、保護者のリフレッシュ機会を提供します。
赤ちゃんが誕生した子育て家庭に対し、子育て世代を応援する利用券を配付し、様々な子育て支援サービスメニューの中から、お好きなものを選ぶことができます。

平成25年度 サービスメニュー例
  • 産後の育児支援
  • 育児支援ヘルパー派遣
  • ママフィットネス(児童館)
  • ベビーマッサージ
  • ベビーリトミック(児童館)
  • 産後プログラムの利用(Yoga Space シャンティ Mind、ヨガ&ピラティス板橋スタジオふたば、NPO法人マドレボニータ、チヒロ先生のお教室)
  • 赤ちゃんカフェ   など

詳しくは板橋区公式ホームページをご覧ください。

エリア別インデックス

●都心部(千代田区中央区港区新宿区文京区渋谷区
●東部(台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区
●南部(品川区目黒区大田区世田谷区
●北西部(中野区杉並区練馬区豊島区北区板橋区

当社グループ企業
  • アレップス
  • タウン住宅販売
  • アヴェントハウス
  • タウンダイニング
  • 株式会社イズミ