お役立ちコンテンツ

賃貸のタウンハウジング > 住みやすさにまつわる話 > 葛飾区 > 葛飾区の子育て事情

葛飾区の子育て事情

葛飾区の子育て事情秋本治の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』でおなじみの葛飾区は、墨田区・足立区・江戸川区と隣接する東京都の特別区です。鉄道はJR常盤線、総武本線、京成本線、押上線、金町線、北総電鉄北総線が通っており、都心へのアクセスも良く便利な土地と言えます。また、周辺の区に比べ家賃も抑える事ができます。
そんな葛飾区の子育て事情を見てみましょう。

※本データは、2014年5月30日現在のものです。詳しくは葛飾区役所までお問い合わせください。

妊婦さんのための育児手当

葛飾区の妊婦さんは、妊婦健康診査14回と、妊婦超音波検査1回を公費負担で受けることができます。また、里帰り出産をしても区から助成を受ける事ができます。入院による出産費用を支払うことが困難な方に、指定された病院(指定助産施設)での入院・分娩費用を補助する「入院助産制度」もあります。

妊娠検査/超音波検査 里帰り出産 入院助産制度
妊婦健診 14回
超音波診査 1回
実家に里帰りをしても助成を受けることができます。 入院・分娩費の補助をうけられます。(条件があります)

出産後のご家族のための子育て手当

葛飾区には、子育てを支援する制度として児童手当、児童育成手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当などの手当があります。児童手当は、中学校3年生までの児童1人につき、所得や児童の年齢に応じ5,000円~15,000円が支給されます。その他児童育成手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当も受給にいくつかの条件がありますので、葛飾区のホームページをご確認ください。

子どもの医療費手当

葛飾区の子どもの医療費手当には、子どもの医療費助成と、ひとり親家庭等医療費助成があります。

子ども医療費助成制度 ひとり親家庭医療費助成
0歳~中学3年生のお子さんを対象に、健康保険を使用して診療や調剤を受けた際の健康保険適用による自己負担分を助成します。 18歳に達した日以降の最初の3月31日までの間にある児童を養育している母子・父子世帯またはそれに準じる世帯の方に、保険診療の自己負担分を助成します。

私立幼稚園通園補助金

お子さんを私立幼稚園等(区外園含む)に通園させている保護者に対して、補助金を交付しています。補助金を受けるためには条件がありますので、詳しくは葛飾区のホームページをご確認ください。

葛飾区独自の子育て支援

葛飾区には、外出時におむつ替えや授乳などが行える「赤ちゃんの駅」が設置されているほか、相談事業や就学援助、貸付・融資制度があります。
また保育サービスも充実しており、一時保育、休日保育、緊急一時保育、ふれあい体験保育、訪問型保育などのサービスがあります。
かつしかファミリー・サポート・センターでは、仕事や家庭の事情などの理由で一時的に子どもの面倒が見られない時に、センターが子どもを預けたい方(ファミリー会員)に、預かってもよいという方(サポート会員)を紹介します。

詳しくは葛飾区公式ホームページをご覧ください。

エリア別インデックス

●都心部(千代田区中央区港区新宿区文京区渋谷区
●東部(台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区
●南部(品川区目黒区大田区世田谷区
●北西部(中野区杉並区練馬区豊島区北区板橋区

当社グループ企業
  • アレップス
  • タウン住宅販売
  • アヴェントハウス
  • タウンダイニング
  • 株式会社イズミ