お役立ちコンテンツ

賃貸のタウンハウジング > 住みやすさにまつわる話 > 大田区 > 大田区の生活事情

大田区の生活事情

大田区の生活事情東京23区内では最南部に位置する大田区は東京23区内で最も広い区で、東部の方には羽田空港もあります。
大田区と言うと蒲田のような町工場や工場地帯のイメージが強いですが、田園調布の様な高級住宅街をはじめとした住宅やマンションが広がっています。さらに大森貝塚や多摩川台古墳群、池上本門寺五重塔などをはじめとする史跡も豊かで、野鳥公園や海浜公園などの公園も整備されている街です。
そんな大田区の生活事情を見てみましょう。

※本データは、2014年5月30日現在のものです。詳しくは大田区役所までお問い合わせください。

地域と環境

工場地帯と住宅地が混在する大田区ですが、約150の公園に8つの博物館・美術館、多くの史跡があります。スポーツ施設も充実しており、野球場、サッカー場、テニスコート、キャンプ場、弓道場、トレーニングルーム等様々な種類のスポーツに対応しています。
また四季折々の風情を楽しめる、丘陵斜面等を利用した閑静な庭園である池上梅園では、季節に応じて趣を感じる事ができます。

治安と安全対策

大田区では、住民の安全で安心して暮らせるまちづくりのために様々な対策を実施しています。大田区の自治会・町会・PTAの方々で行う「防犯パトロール活動」や、防犯や防災に関して、区が共有したい情報や、伝えたい情報をメールで配信する「区民安全・安心メールサービス」などがあります。
また、子どもたちが道路、公園、広場などで、痴漢や付きまとい行為などの被害を受けそうになったり、身の危険を感じたりしたときに助けを求めることができる緊急の避難所を分かりやすく掲示する「こどもSOSの家」の実施を行うなど、地域が一丸となって取り組んでいるといえます。

防災・地震対策

東日本大震災の影響を受け、国民の震災や天災に対する危機意識は日に日に高まっています。そんな中大田区では、大きな災害が起こったときにも迷わず速やかに避難できるように区内の避難所や避難場所一覧を示した大田区防災地図を配布(ホームページにも掲載)したり、地震等災害発生時等に防災行政無線を流したりと震災に備えています。
また台風や大雨、集中豪雨にも備えは十分で、浸水予想区域と土砂災害危険箇所等を掲載し、もしもの場合に備えています。
他にも、「防災ちらし(地震への備え)」や「地震の心得」、「わがまち防災マップ」など各種冊子が用意されています。

大田区内の利用可能施設

詳しくは大田区公式ホームページをご覧ください。

エリア別インデックス

●都心部(千代田区中央区港区新宿区文京区渋谷区
●東部(台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区
●南部(品川区目黒区大田区世田谷区
●北西部(中野区杉並区練馬区豊島区北区板橋区

当社グループ企業
  • アレップス
  • タウン住宅販売
  • アヴェントハウス
  • タウンダイニング
  • 株式会社イズミ