• 物件一覧
  • 店舗情報
  • スタッフ
  • クーポン
  • お知らせ
  • 周辺エリア
  • お問合せ
物件一覧 店舗情報 スタッフ情報
クーポン お知らせ 周辺エリア情報

ひばりヶ丘駅の賃貸
(賃貸マンション・アパート)物件情報

【ひばりヶ丘エリアの賃貸情報】

ひばりヶ丘エリアには、築浅物件や築10年未満の物件がたくさんあります。一人暮らしやファミリー世帯がたくさん住んでいます。おしゃれな外観の物件に住みたい方にピッタリな、デザイン性のある住まいが立ち並んでいます。

ひばりヶ丘エリアは、南北で雰囲気が全く異なる街です。北側は賑やかな繁華街で、南側は治安が大変良い閑静な住宅街が広がります。賃貸物件を探すときは南側がおすすめです。駅周辺は商業施設が充実していますので、生活に必要なものが全て揃うので便利に暮らせます。ひばりヶ丘エリアの家賃相場は低めです。新しくきれいな物件でありながら、一人暮らし向けは6万円程度、ファミリー向けは10万円前後から探すことが可能です。

駅から離れると、住宅街は戸建てが多くなります。ファミリー世帯には戸建ての賃貸物件もあります。住宅街には街路樹があり、緑豊かな環境です。子育てをしやすく、運動施設や大きな公園、児童センターもあり、休日にリラックスしながら家族でのんびり過ごせます。一人暮らしの女性も安心して暮らすことができるエリアです。小さな子供がいるファミリーにもおすすめで、生活も交通も便利な中で、安全に暮らせる街になります。

【賃貸物件の入居日の決め方について】

ひばりヶ丘エリアでの賃貸物件の入居日は、現在住んでいる部屋の退去日を確定してから決めるようにしましょう。退去日と入居日は同じ日にするのではなく、引越しに伴う作業や退去後の片付けなどを考えて2~3日余裕をもってスケジュールを考えましょう。退去日と入居日の関係は、日にちが重なることで家賃を二重に支払う期間が発生します。支払う金額を少なくするためには、どれくらい短くなるかがポイントになります。

退去日と入居日を同じ日にすると、家賃を二重に支払う期間が一番短くなるのですが、一度に退去の手続きと引越しが重なりとても大変です。注意したいポイントは、物件によっては家賃が日割り計算できないところがあります。これは、不動産業者に確認するとすぐにわかります。同日にしたい場合は、家族や不動産業者などと細かく打ち合わせをし、事前準備をしっかりしておくことで可能になります。

新しい賃貸物件には、入居審査があります。通った時点で、入居可能日がわかります。入居可能日は部屋の状態で異なります。早ければ翌日ですが、前の住人がまだ住んでいるときや原状回復工事のため日数がかかることもあります。1か月以内には入居することが可能になります。先に現在住んでいる部屋の不動産業者へ、退去したい旨を伝えます。最短で退去できる日を確認し、家族や仕事の都合を考慮しながら引越し作業を行う日を決めます。賃貸物件の入居日は、余裕持って決めるといいでしょう。無駄な出費を減らし、スムーズに引越しができます。
【ひばりヶ丘エリアの賃貸情報】

ひばりヶ丘エリアには、築浅物件や築10年未満の物件がたくさんあります。一人暮らしやファミリー世帯がたくさん住んでいます。おしゃれな外観の物件に住みたい方にピッタリな、デザイン性のある住まいが立ち並んでいます。

ひばりヶ丘エリアは、南北で雰囲気が全く異なる街です。北側は賑やかな繁華街で、南側は治安が大変良い閑静な住宅街が広がります。賃貸物件を探すときは南側がおすすめです。駅周辺は商業施設が充実していますので、生活に必要なものが全て揃うので便利に暮らせます。ひばりヶ丘エリアの家賃相場は低めです。新しくきれいな物件でありながら、一人暮らし向けは6万円程度、ファミリー向けは10万円前後から探すことが可能です。

駅から離れると、住宅街は戸建てが多くなります。ファミリー世帯には戸建ての賃貸物件もあります。住宅街には街路樹があり、緑豊かな環境です。子育てをしやすく、運動施設や大きな公園、児童センターもあり、休日にリラックスしながら家族でのんびり過ごせます。一人暮らしの女性も安心して暮らすことができるエリアです。小さな子供がいるファミリーにもおすすめで、生活も交通も便利な中で、安全に暮らせる街になります。

【賃貸物件の入居日の決め方について】

ひばりヶ丘エリアでの賃貸物件の入居日は、現在住んでいる部屋の退去日を確定してから決めるようにしましょう。退去日と入居日は同じ日にするのではなく、引越しに伴う作業や退去後の片付けなどを考えて2~3日余裕をもってスケジュールを考えましょう。退去日と入居日の関係は、日にちが重なることで家賃を二重に支払う期間が発生します。支払う金額を少なくするためには、どれくらい短くなるかがポイントになります。

退去日と入居日を同じ日にすると、家賃を二重に支払う期間が一番短くなるのですが、一度に退去の手続きと引越しが重なりとても大変です。注意したいポイントは、物件によっては家賃が日割り計算できないところがあります。これは、不動産業者に確認するとすぐにわかります。同日にしたい場合は、家族や不動産業者などと細かく打ち合わせをし、事前準備をしっかりしておくことで可能になります。

新しい賃貸物件には、入居審査があります。通った時点で、入居可能日がわかります。入居可能日は部屋の状態で異なります。早ければ翌日ですが、前の住人がまだ住んでいるときや原状回復工事のため日数がかかることもあります。1か月以内には入居することが可能になります。先に現在住んでいる部屋の不動産業者へ、退去したい旨を伝えます。最短で退去できる日を確認し、家族や仕事の都合を考慮しながら引越し作業を行う日を決めます。賃貸物件の入居日は、余裕持って決めるといいでしょう。無駄な出費を減らし、スムーズに引越しができます。
全件表示する 全件表示する
お問い合わせ 無料

お急ぎの方は042-424-8900 までお電話を!