• 物件一覧
  • 店舗情報
  • スタッフ
  • クーポン
  • お知らせ
  • 周辺エリア
  • お問合せ
物件一覧 店舗情報 スタッフ情報
クーポン お知らせ 周辺エリア情報

稲毛駅の賃貸物件情報
タウンハウジング稲毛店

【稲毛エリアの賃貸情報】

稲毛エリアは、ファミリー世帯向けの物件がたくさんあります。家賃がリーズナブルなため、生活しやすいエリアです。再開発により、駅前には大型マンションや高層マンションが目立ちます。高層マンションは設備が充実していることから、家賃は高めの傾向があります。高い建物は、駅前に集中しており、住宅街に入るとありません。

駅から離れたところにある住宅街は、一戸建てや低層マンションがあります。住宅が密集しており、ファミリー世帯向けや単身向けの賃貸物件が多くなります。学生街であることから、学生の一人暮らしもぴったりな物件もあります。一人暮らし向けの物件は、築浅物件は家賃が少し高めですが、築10年ほどになるとリーズナブルな価格帯になっています。

飲食店は駅周辺に点在しています。レストランや居酒屋など遅くまで営業しています。仕事帰りに寄れるので便利です。学生向けに安くてボリュームのある店が豊富です。交通アクセス情報としては、都心までは1時間以内です。駅周辺には、スーパーが複数あり、買い物しやすい環境です。大型スーパーがあったり、娯楽施設が充実しています。稲毛エリアは、都内で働くサラリーマンや学生向けのリーズナブルな物件が多いエリアといえます。

【賃貸を借りる時の損害保険の種類について】

稲毛エリアで賃貸物件を借りるとき、損害保険に注目してみましょう。一つは賃貸住宅向けの火災保険になります。火災による建物を賠償する火災保険とは、契約内容が異なります。火災によって家財が消失した時に、その分の家財が補償の対象となります。保険金額はいくらにするのかは、自分で決めることができます。わからないときはおすすめのプランを参考にしましょう。家財の金額や家族の人数などによって左右されます。期間は賃貸物件の契約が2年がほとんどなので、火災保険の加入期間も2年になります。賃貸契約を更新するときは、火災保険も更新することになります。更新日に近づくと、不動産会社や保険会社から連絡が届きます。

もう一つは個人賠償責任保険があります。日常生活において、故意ではなく他人に損害を与えてしまった場合が対象になり、その損害分を補償してくれます。賃貸物件限定の保険ではないものの、一般的に賃貸物件には損害保険が付帯されています。世帯としての加入になるので、賃貸物件に住んでいる家族全員が個人賠償責任保険に入ることになります。この保険の特徴は自分に対してではなく、相手に対して支払われる損害保険という点です。相手にけがをさせてしまったときや物を壊したときなどに効果を発揮します。

個人賠償責任保険のもう一つの特徴として、賃貸物件契約時に加入できますが、色々なものに付帯して入ることができます。クレジットカードの会員特典や医療保険など保険商品の付帯としてよく見かけます。そのためすでに入っている場合は追加で入る必要はありません。
【稲毛エリアの賃貸情報】

稲毛エリアは、ファミリー世帯向けの物件がたくさんあります。家賃がリーズナブルなため、生活しやすいエリアです。再開発により、駅前には大型マンションや高層マンションが目立ちます。高層マンションは設備が充実していることから、家賃は高めの傾向があります。高い建物は、駅前に集中しており、住宅街に入るとありません。

駅から離れたところにある住宅街は、一戸建てや低層マンションがあります。住宅が密集しており、ファミリー世帯向けや単身向けの賃貸物件が多くなります。学生街であることから、学生の一人暮らしもぴったりな物件もあります。一人暮らし向けの物件は、築浅物件は家賃が少し高めですが、築10年ほどになるとリーズナブルな価格帯になっています。

飲食店は駅周辺に点在しています。レストランや居酒屋など遅くまで営業しています。仕事帰りに寄れるので便利です。学生向けに安くてボリュームのある店が豊富です。交通アクセス情報としては、都心までは1時間以内です。駅周辺には、スーパーが複数あり、買い物しやすい環境です。大型スーパーがあったり、娯楽施設が充実しています。稲毛エリアは、都内で働くサラリーマンや学生向けのリーズナブルな物件が多いエリアといえます。

【賃貸を借りる時の損害保険の種類について】

稲毛エリアで賃貸物件を借りるとき、損害保険に注目してみましょう。一つは賃貸住宅向けの火災保険になります。火災による建物を賠償する火災保険とは、契約内容が異なります。火災によって家財が消失した時に、その分の家財が補償の対象となります。保険金額はいくらにするのかは、自分で決めることができます。わからないときはおすすめのプランを参考にしましょう。家財の金額や家族の人数などによって左右されます。期間は賃貸物件の契約が2年がほとんどなので、火災保険の加入期間も2年になります。賃貸契約を更新するときは、火災保険も更新することになります。更新日に近づくと、不動産会社や保険会社から連絡が届きます。

もう一つは個人賠償責任保険があります。日常生活において、故意ではなく他人に損害を与えてしまった場合が対象になり、その損害分を補償してくれます。賃貸物件限定の保険ではないものの、一般的に賃貸物件には損害保険が付帯されています。世帯としての加入になるので、賃貸物件に住んでいる家族全員が個人賠償責任保険に入ることになります。この保険の特徴は自分に対してではなく、相手に対して支払われる損害保険という点です。相手にけがをさせてしまったときや物を壊したときなどに効果を発揮します。

個人賠償責任保険のもう一つの特徴として、賃貸物件契約時に加入できますが、色々なものに付帯して入ることができます。クレジットカードの会員特典や医療保険など保険商品の付帯としてよく見かけます。そのためすでに入っている場合は追加で入る必要はありません。
全件表示する 全件表示する
お問い合わせ 無料

お急ぎの方は043-290-8070 までお電話を!