• 物件一覧
  • 店舗情報
  • スタッフ
  • クーポン
  • お知らせ
  • 周辺エリア
  • お問合せ
物件一覧 店舗情報 スタッフ情報
クーポン お知らせ 周辺エリア情報

芝公園駅の賃貸
(賃貸マンション・アパート)物件情報

【芝公園エリアの賃貸情報】

芝公園エリアでは、駅周辺からマンションやビルが建ち並び、たくさんの新築の1人暮らし向けの物件を見つけることができます。ファミリー世帯向けの物件もあります。全体的に一戸建てが少なく、住宅街はマンションやビルが多く建ち並んでいます。その中に古い一戸建てが、点在しています。芝公園では背の高いマンション物件が目立ちます。高級感があり、存在感に圧倒されます。高層の部屋は眺めがよく、都会の夜景も楽しめます。駅周辺では、学生の姿をよく見かけます。学校が近いためです。家賃の価格帯がかなり高めなので学生向けの賃貸物件は少なめです。1人暮らし向けの物件の多くは、サラリーマンが住んでいます。

近くには大きな公園があり、緑が多い街並みです。休日は、リラックスする場所になります。商店街があり、買い物や外食がしやすい環境です。スーパーやコンビニが多いので、食料品やお弁当など仕事帰りに買い物ができます。大きな道では車の交通量が多いものの、歩行者用と自転車用で分かれているので、自転車通勤を安全に配慮しながら楽しめます。電車を利用しても、都心の主要駅は30分もかかりません。通勤に大変便利で暮らしやすい街です。サラリーマンが一度は住んでみたいと思う憧れのエリアです。

【ペットと住める賃貸物件を探すときの見るべきポイントとは?】

芝公園にもペット可物件はたくさんありますが、普通の賃貸物件と比べると、初期費用が割高になります。探すときは家賃だけでなく、初期費用を確認するようにします。同じペット可物件でも、飼えるペットは種類によって異なります。犬は飼えるけど猫は飼えない物件があったり、爬虫類はだめな物件もあります。ペット可物件を探すときは、飼いたいと思っているペットが飼えるかどうかを不動産屋に確認する必要があります。不動産屋に相談するときは、ペットの種類や大きさ、何匹いるかなどをきちんと伝えるようにします。小犬は飼えても、大きな犬は飼える部屋は少ないのが現状です。そして、複数のペットを飼うことも難しくなっています。

ペットと住める賃貸物件は、部屋にペットを合わせるのではなく、ペットに合わせて部屋を選ぶようにします。動物の種類によって暮らしやすい部屋は異なります。犬の場合は、部屋にケージを置くスペースが必要になります。危なくないように、キッチンは背が高いものが安心で、包丁などに届かないようにします。公園やドッグランに連れて行き、ストレスがたまらないように散歩をさせます。猫の場合は、猫が運動できよう広い部屋が必要です。天井が高い部屋は、キャットタワーが置けます。日向ぼっこできるように、日当たりが良い部屋を探します。爬虫類の場合は、風通しの良い部屋で湿気が溜まらないようにします。逃げないように隙間が少ない部屋が向いています。
【芝公園エリアの賃貸情報】

芝公園エリアでは、駅周辺からマンションやビルが建ち並び、たくさんの新築の1人暮らし向けの物件を見つけることができます。ファミリー世帯向けの物件もあります。全体的に一戸建てが少なく、住宅街はマンションやビルが多く建ち並んでいます。その中に古い一戸建てが、点在しています。芝公園では背の高いマンション物件が目立ちます。高級感があり、存在感に圧倒されます。高層の部屋は眺めがよく、都会の夜景も楽しめます。駅周辺では、学生の姿をよく見かけます。学校が近いためです。家賃の価格帯がかなり高めなので学生向けの賃貸物件は少なめです。1人暮らし向けの物件の多くは、サラリーマンが住んでいます。

近くには大きな公園があり、緑が多い街並みです。休日は、リラックスする場所になります。商店街があり、買い物や外食がしやすい環境です。スーパーやコンビニが多いので、食料品やお弁当など仕事帰りに買い物ができます。大きな道では車の交通量が多いものの、歩行者用と自転車用で分かれているので、自転車通勤を安全に配慮しながら楽しめます。電車を利用しても、都心の主要駅は30分もかかりません。通勤に大変便利で暮らしやすい街です。サラリーマンが一度は住んでみたいと思う憧れのエリアです。

【ペットと住める賃貸物件を探すときの見るべきポイントとは?】

芝公園にもペット可物件はたくさんありますが、普通の賃貸物件と比べると、初期費用が割高になります。探すときは家賃だけでなく、初期費用を確認するようにします。同じペット可物件でも、飼えるペットは種類によって異なります。犬は飼えるけど猫は飼えない物件があったり、爬虫類はだめな物件もあります。ペット可物件を探すときは、飼いたいと思っているペットが飼えるかどうかを不動産屋に確認する必要があります。不動産屋に相談するときは、ペットの種類や大きさ、何匹いるかなどをきちんと伝えるようにします。小犬は飼えても、大きな犬は飼える部屋は少ないのが現状です。そして、複数のペットを飼うことも難しくなっています。

ペットと住める賃貸物件は、部屋にペットを合わせるのではなく、ペットに合わせて部屋を選ぶようにします。動物の種類によって暮らしやすい部屋は異なります。犬の場合は、部屋にケージを置くスペースが必要になります。危なくないように、キッチンは背が高いものが安心で、包丁などに届かないようにします。公園やドッグランに連れて行き、ストレスがたまらないように散歩をさせます。猫の場合は、猫が運動できよう広い部屋が必要です。天井が高い部屋は、キャットタワーが置けます。日向ぼっこできるように、日当たりが良い部屋を探します。爬虫類の場合は、風通しの良い部屋で湿気が溜まらないようにします。逃げないように隙間が少ない部屋が向いています。
全件表示する 全件表示する
お問い合わせ 無料

お急ぎの方は03-5765-2177 までお電話を!