• 物件一覧
  • 店舗情報
  • スタッフ
  • クーポン
  • お知らせ
  • 周辺エリア
  • お問合せ
物件一覧 店舗情報 スタッフ情報
クーポン お知らせ 周辺エリア情報

渋谷駅の賃貸物件情報
タウンハウジング渋谷店

【渋谷エリアの賃貸情報】

渋谷駅周辺エリアの賃貸物件は、ハイクラスな物件が多くなっていることもあり、基本的に家賃は10万円から20万円までのものが多く見当たる内容になっています。リーズナブルな賃貸物件では築年数を気にしなければ、5万円程度でも探せますし、逆に、100万円以上の高品質なマンションを選ぶことも可能です。かなり、選択の幅が広いのは、渋谷駅周辺の特徴と言えるでしょう。

お部屋のタイプとしては、ワンルームタイプの他に、1LDKなどのシングル向けの賃貸物件が豊富となっています。駅から近距離で、このような物件を探しやすいために、学生や単身赴任の方などには特に、適正が高くなっています。ファミリー向け物件も多少は見当たりますが、やはり、シングル向けのほうが圧倒的に多数です。このエリアは鉄道網が充実しているので、渋谷駅以外の駅を利用しやすいのもメリットとなります。

渋谷駅から多少離れたとしても、他の駅からは近いエリアで賃貸物件を探すことも可能です。建物の築年数は様々で、築30年と言うものもあれば、新築・築浅の物件も見つけやすくなっています。築30年を超えると、一般的にはかなり老朽化が心配になるものですが、渋谷エリアでは事情が異なり、古い賃貸物件でも改装やメンテナンスが行き届いて、比較的スタイリッシュな状態を保っているものが少なくありません。

【物件選びで新築を選ぶメリットと中古を選ぶメリットについて】

渋谷エリアの新築と中古の物件を比べると、価格面には大きな違いがありますが、これはトータルで考える必要があります。基本的に物件価格自体は新築の方が高いですが、中古物件では本体価格以外にも、仲介手数料が掛かったり、大規模修繕の必要性も考えなければなりません。しばらく住んでから物件を手放す時にも、売却額は新築のほうが高くなりやすいので、これも織り込んで考えていくことが大切です。総合的には住み始めるまでに費用がかからないのが中古物件のメリットですが、売却する際の利益まで含めると、新築物件にもメリットを見いだせるでしょう。中古物件は税金面での優遇もありますが、大規模修繕や建て替えのリスクがあるため、積立金の額が高まってくるのは注意点となります。

新築物件では、基本的に利便性が高く、設備や共有部も充実している傾向にあるのはメリットです。中古の場合は、一般的にこれらでは劣るケースが少なくありません。対して、管理組合などを考えると、これは中古物件の方にメリットがあります。中古物件では既に、管理組合が機能して住民同士のコミュニケーションが円滑に行われている可能性がありますので、これは新築物件にはない魅力です。もちろん、コミュニティーの状態の良し悪しを、住み始めるまでにチェックできるのもメリットでしょう。管理に関しては、修繕積立金の状況などを調べられるのも、中古ならではの利点と言えます。
【渋谷エリアの賃貸情報】

渋谷駅周辺エリアの賃貸物件は、ハイクラスな物件が多くなっていることもあり、基本的に家賃は10万円から20万円までのものが多く見当たる内容になっています。リーズナブルな賃貸物件では築年数を気にしなければ、5万円程度でも探せますし、逆に、100万円以上の高品質なマンションを選ぶことも可能です。かなり、選択の幅が広いのは、渋谷駅周辺の特徴と言えるでしょう。

お部屋のタイプとしては、ワンルームタイプの他に、1LDKなどのシングル向けの賃貸物件が豊富となっています。駅から近距離で、このような物件を探しやすいために、学生や単身赴任の方などには特に、適正が高くなっています。ファミリー向け物件も多少は見当たりますが、やはり、シングル向けのほうが圧倒的に多数です。このエリアは鉄道網が充実しているので、渋谷駅以外の駅を利用しやすいのもメリットとなります。

渋谷駅から多少離れたとしても、他の駅からは近いエリアで賃貸物件を探すことも可能です。建物の築年数は様々で、築30年と言うものもあれば、新築・築浅の物件も見つけやすくなっています。築30年を超えると、一般的にはかなり老朽化が心配になるものですが、渋谷エリアでは事情が異なり、古い賃貸物件でも改装やメンテナンスが行き届いて、比較的スタイリッシュな状態を保っているものが少なくありません。

【物件選びで新築を選ぶメリットと中古を選ぶメリットについて】

渋谷エリアの新築と中古の物件を比べると、価格面には大きな違いがありますが、これはトータルで考える必要があります。基本的に物件価格自体は新築の方が高いですが、中古物件では本体価格以外にも、仲介手数料が掛かったり、大規模修繕の必要性も考えなければなりません。しばらく住んでから物件を手放す時にも、売却額は新築のほうが高くなりやすいので、これも織り込んで考えていくことが大切です。総合的には住み始めるまでに費用がかからないのが中古物件のメリットですが、売却する際の利益まで含めると、新築物件にもメリットを見いだせるでしょう。中古物件は税金面での優遇もありますが、大規模修繕や建て替えのリスクがあるため、積立金の額が高まってくるのは注意点となります。

新築物件では、基本的に利便性が高く、設備や共有部も充実している傾向にあるのはメリットです。中古の場合は、一般的にこれらでは劣るケースが少なくありません。対して、管理組合などを考えると、これは中古物件の方にメリットがあります。中古物件では既に、管理組合が機能して住民同士のコミュニケーションが円滑に行われている可能性がありますので、これは新築物件にはない魅力です。もちろん、コミュニティーの状態の良し悪しを、住み始めるまでにチェックできるのもメリットでしょう。管理に関しては、修繕積立金の状況などを調べられるのも、中古ならではの利点と言えます。
全件表示する 全件表示する
お問い合わせ 無料

お急ぎの方は03-5456-9988 までお電話を!