• 物件一覧
  • 店舗情報
  • スタッフ
  • クーポン
  • お知らせ
  • 周辺エリア
  • お問合せ
物件一覧 店舗情報 スタッフ情報
クーポン お知らせ 周辺エリア情報

志木駅の賃貸物件情報
タウンハウジング志木店

【志木エリアの賃貸情報】

志木エリアは、都心まで通勤するのに便利です。家賃の価格は都内よりも低くなり、ちょうど良い価格帯になっています。築年数が経っている古さを感じる物件を探すと、かなり安く借りることができます。ファミリー世帯が多く住んでおり、都内まで通勤しているサラリーマンや学生も、1人暮らし向けの物件をたくさん見つけることができます。アパートや低層マンションの賃貸物件が多い傾向があります。

志木エリアは、アクセスの良さでベッドタウンと言われています。急行や快速が停まるので、都心へは電車で30分程度のため通勤通学にとても便利です。駅周辺は、スーパーの数が多く、営業時間が長いという特徴があります。仕事帰りも買い物がしやすいです。駅前だけではなく、住宅街にもスーパーがあります。

住宅街は、築年数が古めな賃貸マンションやアパートがあり、飲食店やコンビニも点在しています。いつでも利用しやすく、夜も明るいです。戸建てもたくさんあります。このあたりに1人暮らし向けの物件も点在しています。大通りには、築浅の高層マンションが多く、街灯もたくさんあります。都心まで通勤するサラリーマンが、生活には静かな環境を求めている方に人気のあるエリアです。

【新婚生活にぴったりな賃貸物件の選び方について】

志木で将来はマイホームの購入を考える場合は、これから2人で住む賃貸物件は、家賃の節約を考えます。新婚生活は広い物件に憧れますが、広さを抑えることを考えます。1LDK程の間取りが理想的です。キッチンとリビング、寝室を確保することが可能です。賃貸物件の種類が多く、好みの部屋を探すことができます。家賃も抑えることができます。

家族が増えることを考えて部屋を探す場合は、2人だけの生活とは異なり、部屋の広さが必要になります。間取りは2LDK以上あると便利です。子供が小さいうちは、親子は一緒に寝ることが多いので、子供の寝室は必要ありません。しかし、子供が遊ぶ部屋があると暮らしやすくなります。1室を子供の荷物やおもちゃ部屋とすることで、リビングと分けることができます。

通勤のことも考えておきましょう。通勤時間はどれくらいかかっても大丈夫なのか、使用する路線の近くで賃貸物件を探します。共働きの場合は、両方の通勤が便利な場所を探します。家賃は、どれくらいまでなら支払うことができるのかを計算します。共働きを続ける場合と辞める場合では収入が大きく変わってきます。物件探しの前に、2人できちんと話し合いをすることも大切なことです。将来の暮らしや、子供、通勤、共働きかどうかで選び方が決まります。
【志木エリアの賃貸情報】

志木エリアは、都心まで通勤するのに便利です。家賃の価格は都内よりも低くなり、ちょうど良い価格帯になっています。築年数が経っている古さを感じる物件を探すと、かなり安く借りることができます。ファミリー世帯が多く住んでおり、都内まで通勤しているサラリーマンや学生も、1人暮らし向けの物件をたくさん見つけることができます。アパートや低層マンションの賃貸物件が多い傾向があります。

志木エリアは、アクセスの良さでベッドタウンと言われています。急行や快速が停まるので、都心へは電車で30分程度のため通勤通学にとても便利です。駅周辺は、スーパーの数が多く、営業時間が長いという特徴があります。仕事帰りも買い物がしやすいです。駅前だけではなく、住宅街にもスーパーがあります。

住宅街は、築年数が古めな賃貸マンションやアパートがあり、飲食店やコンビニも点在しています。いつでも利用しやすく、夜も明るいです。戸建てもたくさんあります。このあたりに1人暮らし向けの物件も点在しています。大通りには、築浅の高層マンションが多く、街灯もたくさんあります。都心まで通勤するサラリーマンが、生活には静かな環境を求めている方に人気のあるエリアです。

【新婚生活にぴったりな賃貸物件の選び方について】

志木で将来はマイホームの購入を考える場合は、これから2人で住む賃貸物件は、家賃の節約を考えます。新婚生活は広い物件に憧れますが、広さを抑えることを考えます。1LDK程の間取りが理想的です。キッチンとリビング、寝室を確保することが可能です。賃貸物件の種類が多く、好みの部屋を探すことができます。家賃も抑えることができます。

家族が増えることを考えて部屋を探す場合は、2人だけの生活とは異なり、部屋の広さが必要になります。間取りは2LDK以上あると便利です。子供が小さいうちは、親子は一緒に寝ることが多いので、子供の寝室は必要ありません。しかし、子供が遊ぶ部屋があると暮らしやすくなります。1室を子供の荷物やおもちゃ部屋とすることで、リビングと分けることができます。

通勤のことも考えておきましょう。通勤時間はどれくらいかかっても大丈夫なのか、使用する路線の近くで賃貸物件を探します。共働きの場合は、両方の通勤が便利な場所を探します。家賃は、どれくらいまでなら支払うことができるのかを計算します。共働きを続ける場合と辞める場合では収入が大きく変わってきます。物件探しの前に、2人できちんと話し合いをすることも大切なことです。将来の暮らしや、子供、通勤、共働きかどうかで選び方が決まります。
全件表示する 全件表示する
お問い合わせ 無料

お急ぎの方は048-486-3900 までお電話を!