• 物件一覧
  • 店舗情報
  • スタッフ
  • クーポン
  • お知らせ
  • 周辺エリア
  • お問合せ
物件一覧 店舗情報 スタッフ情報
クーポン お知らせ 周辺エリア情報

高幡不動駅の賃貸物件情報
タウンハウジング高幡不動店

【高幡不動エリアの賃貸情報】

高幡不動エリアは高幡不動尊があるということで有名で、京王線及び多摩モノレール線の高幡不動駅が中心となっています。京王線だけではなくモノレールも含めたアクセスを考えられますので、アクセス自体は決して悪くありません。

アパートの家賃相場ですが、場所さえ選ばなければ3万円を切るような物件もあります。賃貸はコーポやハイツが中心です。高幡不動エリアのアパートを探してみるのもいいのかもしれません。高幡不動エリアは、高幡不動駅の駅から南側はかなり自然豊かな場所です。また近くには多摩動物公園があるなど、高幡不動尊とあわせて観光に力を入れているエリアでもあります。自然を感じたいライフスタイルを望むなら、都内でも高幡不動エリアは有数の賃貸スポットです。

ただ高幡不動エリアにも、家賃10万円前後のマンションがないわけではありません。高幡不動駅から近い場所には、それなりの家賃の賃貸物件があります。2LDKや3LDKの子どもがいる家族でも住めるようなマンションがありますので、高幡不動エリアでマンション住まいを検討する考え方も十分実現可能です。自然や歴史的な名所が多いスポットとなっているのが、高幡不動エリア全体の大きな特徴です。

【物件選びをする際に注目すべきポイントとは?】

高幡不動エリアで物件選びをする際は、その物件がある場所についてよく調べるのがポイントです。物件自体の情報はもちろん把握しておかないといけないですが、物件がある土地柄も調べて参考にしたほうが物件選びで失敗しないです。

特に物件の近くにある商業施設は、生活の要になる施設です。スーパー、ホームセンター、コンビニ、商店街などがあるのとないのとでは、暮らしぶりがまったく違います。また自炊をあまりしない人なら、飲食店がどれだけあるのかも調べておいたほうがいいのはいうまでもありません。どんな土地にある物件なのか、そこに注目して物件選びをすれば、いざ住んでからほぞを噛んでしまうようなことにはなりません。

また物件自体の注目すべきポイントは、やはり毎日の生活に関わってくる部分です。トイレ、お風呂、キッチン、リビングなどは、どのような設備なのかをしっかり確認しておいたほうがいいです。それらの設備に納得できない物件は、たとえ家賃が安くとも見送ったほうが無難です。また物を溜め込んでしまいやすい人は、クローゼットや押入れなど収納スペースがどれぐらいあるのかも注目すべきポイントです。十分な収納スペースがあれば整理整頓をしやすくなりますので、物件選びをするなら収納にも注目です。
【高幡不動エリアの賃貸情報】

高幡不動エリアは高幡不動尊があるということで有名で、京王線及び多摩モノレール線の高幡不動駅が中心となっています。京王線だけではなくモノレールも含めたアクセスを考えられますので、アクセス自体は決して悪くありません。

アパートの家賃相場ですが、場所さえ選ばなければ3万円を切るような物件もあります。賃貸はコーポやハイツが中心です。高幡不動エリアのアパートを探してみるのもいいのかもしれません。高幡不動エリアは、高幡不動駅の駅から南側はかなり自然豊かな場所です。また近くには多摩動物公園があるなど、高幡不動尊とあわせて観光に力を入れているエリアでもあります。自然を感じたいライフスタイルを望むなら、都内でも高幡不動エリアは有数の賃貸スポットです。

ただ高幡不動エリアにも、家賃10万円前後のマンションがないわけではありません。高幡不動駅から近い場所には、それなりの家賃の賃貸物件があります。2LDKや3LDKの子どもがいる家族でも住めるようなマンションがありますので、高幡不動エリアでマンション住まいを検討する考え方も十分実現可能です。自然や歴史的な名所が多いスポットとなっているのが、高幡不動エリア全体の大きな特徴です。

【物件選びをする際に注目すべきポイントとは?】

高幡不動エリアで物件選びをする際は、その物件がある場所についてよく調べるのがポイントです。物件自体の情報はもちろん把握しておかないといけないですが、物件がある土地柄も調べて参考にしたほうが物件選びで失敗しないです。

特に物件の近くにある商業施設は、生活の要になる施設です。スーパー、ホームセンター、コンビニ、商店街などがあるのとないのとでは、暮らしぶりがまったく違います。また自炊をあまりしない人なら、飲食店がどれだけあるのかも調べておいたほうがいいのはいうまでもありません。どんな土地にある物件なのか、そこに注目して物件選びをすれば、いざ住んでからほぞを噛んでしまうようなことにはなりません。

また物件自体の注目すべきポイントは、やはり毎日の生活に関わってくる部分です。トイレ、お風呂、キッチン、リビングなどは、どのような設備なのかをしっかり確認しておいたほうがいいです。それらの設備に納得できない物件は、たとえ家賃が安くとも見送ったほうが無難です。また物を溜め込んでしまいやすい人は、クローゼットや押入れなど収納スペースがどれぐらいあるのかも注目すべきポイントです。十分な収納スペースがあれば整理整頓をしやすくなりますので、物件選びをするなら収納にも注目です。
全件表示する 全件表示する
お問い合わせ 無料

お急ぎの方は042-599-0057 までお電話を!